病院長挨拶
病院紹介
休診案内
外来のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
医療福祉相談室
当院のご紹介
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
調達情報
よくあるご質問
個人情報保護方針
バリアフリー情報
情報公開
診療実績・病院指標
医療安全指標
感染安全指標

病院総合医育成プログラム
案内

DPCについて

  • DPCとは、病名や診療内容に応じて定められた診断群分類毎に1日当たりの費用を定めた包括払い分と、手術などの出来高払い分の医療費で計算され、入院にかかる費用は、定額分と出来高分を合わせた医療費の計算(支払い)方法です。
  • この新しい医療費の計算方法により、病名や診療内容に応じてどのくらいの医療費がかかるかの目安が患者さまにもより分かりやすくなります。
  • 従来からの医療費の計算方式である「出来高払い方式」では、診療でおこなった検査や注射、投薬などの量に応じて医療費が計算されていました が、このDPCでの医療費の計算方式では、病名や手術、処置等の内容に応じた1日当たりの定額の医療費を基本として全体の医療費の計算を行います。
  • この1日当たりの定額の医療費は、全国のDPC対象病院における実際の診療データに基づいて、「診断群分類」ごとに標準的に必要とされる検査や注射、投薬などの費用を含んだ1日当たりの入院医療費の算出を行い、決定されたものに各病院の施設基準に応じて計算いたします。
  • 「DPC」による支払い方式は、病院の一般病棟に入院された患者さんに適用されることになります。なお、外来の患者さんや、診断群分類に該当しない入院患者さんの医療費の算定方式はこれまで通り出来高払い方式です。
PageTop