病院長挨拶
病院紹介
休診案内
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
医療福祉相談室
当院のご紹介
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
調達情報
よくあるご質問
個人情報保護方針
バリアフリー情報
情報公開
診療実績・病院指標
医療安全指標

病院総合医育成プログラム
案内

平成28年度 さいたま北部医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 137 57 63 79 100 148 358 752 620 143

【定義】
 平成28年度(平成28年4月1日~平成29年3月31日)に当院を退院した患者さんを
10歳刻みの年齢階級別(入院した時点の年齢)に集計いたしました。
【解説】
 平成28年度は合計2,457名が退院されました。70歳以上の患者さんは、1,515名と6割以上となっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード


内科



DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 106人 30.1日 21.25日 0% 85.6歳  
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 42人 24.9日 12.84日 0% 74.6歳  
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし 37人 5.0日 5.5日 0% 51.3歳  
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 処置2なし 32人  18.9日  19.92日  0% 75.8歳   
0400801499x001  肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし A-DROP スコア1 30人 14.4日  13.60日 0% 81.5歳   

【定義】
 平成28年度(平成28年4月1日~平成29年3月31日)に当院を退院した患者さんを対象にDPCコード桁分類にて集計いたしました。短期滞在入院基本料3に該当する入院は集計対象外となっております。各診療科別にDPCコード桁分類上位5つの患者数、平均在院日数(自院・全国)転院率、平均年齢を掲載しております。患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)で掲載しております。
この定義は診断群分類患者数等に置いて全科目統一となっております。
【解説】
内科で1番目に多いのは誤嚥性肺炎です。
2番目は慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全の診断群分類です。
3番目はウイルス性腸炎です。
4番目は間質性肺炎です。
5番目は肺炎等です。
肺疾患で入院される患者さんが多くなっております。


小児科



DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 37人 5.8日 5.79日 0% 7.1歳  
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし 21人 3.9日 5.5日 0% 5.7歳  
040100xxxxx00x 喘息 処置2なし 定義副傷病なし 15人 4.9日 6.42日 0% 3.7歳  
040090xxxxxx0x 急性気管支炎,急性細気管支炎,下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 15人 4.2日 6.02日 0% 4.5歳
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし 13 3.8日 10.17日 0% 7.8歳

【解説】
 小児科で1番目に多いのは肺炎等です。
2番目はウイルス性腸炎です。
3番目は同患者数で喘息と急性気管支炎・急性細気管支炎・下気道感染症(その他)の診断群分類です。
5番目は、その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害となっております。


外科



DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 48人 4.6日 5.29日 0% 71.3歳  
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 17人 5.8日 5.6日 0% 42.4歳  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 13人 7.8日 9.08日 0% 79.0歳  
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 定義副傷病なし 11人 7.1日 6.91日 0% 53.8歳
060335xx02000x 胆嚢水腫,胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし - - 7.61日 - -

【解説】
外科で1番目に多いのは鼠径ヘルニアの手術入院です。
2番目は虫垂炎、虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等の手術入院です。
3番目はヘルニアの記載のない腸閉塞です。
4番目は虫垂炎です。
5番目は胆嚢水腫,胆嚢炎等(腹腔鏡下胆嚢摘出術等)手術入院となっております。






整形外科



DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 - - 27.6日 - -
160690xx99xx0x 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 定義副傷病なし - - 20.6日 - -
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - - 12.0日 - -
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 処置2なし - - 20.5日 - -
160820xx01xxxx 膝関節周辺骨折・脱臼 骨折観血的手術等 - - 28.2日 - -

【解説】
整形外科では骨折等、手術目的の入院や加療目的の入院を行っております。

皮膚科



DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - - 12.0日 - -
080110xxxxx0xx 水疱症 処置2なし - - 30.1日 - -
100100xx99x0xx 糖尿病足病変 手術なし 処置2なし - - 23.4日 - -
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 9.0日 - -
080050xxxxxxxx 湿疹,皮膚炎群 - - 10.7日 - -

【解説】
皮膚科では皮膚・皮下組織の疾患の手術目的の入院や加療目的の入院を行っております。

泌尿器科
 


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx97x00x 前立腺の悪性腫瘍 その他の手術あり 処置2なし 定義副傷病なし 39人 2.6日 6.24日 0% 68.0歳  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 30人 9.1日 12.43日 0% 70.4歳  
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2_2あり 定義副傷病なし 29人 19.1日 7.85日 0% 75.3歳  
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 手術なし 25人 9.6日 8.83日 0% 68.2歳
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 処置1なし 定義副傷病なし 24人 6.9日 5.83日 0% 59.6歳

【解説】
 泌尿器科で1番目に多いのは前立腺の悪性腫瘍に対する手術前及び手術入院です。
2番目は腎臓または尿路の感染症入院です。腎臓または尿路の感染症とは主に尿路感染症、急性腎盂腎炎などとなっております。
3番目は膀胱の悪性腫瘍に対する手術入院です。
4番目は急性前立腺炎、精巣上体炎などの男性生殖器疾患です。
5番目は腎結石や尿管結石、尿管狭窄などの手術入院となっております。
 


眼科




DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 処置2なし - - 3.44日 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -

【解説】
眼科で多いのは白内障手術(平成28年度は307件施行)の入院ですが、DPC対象症例ではないため、
上記の表にはでておりません。
次いて1番目にある眼瞼下垂手術入院となっております。
歯科口腔外科




DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060570xx97xxxx その他の消化管の障害 手術あり 75人 4.0日 15.79日 1% 57.5歳  
060570xx99xxxx その他の消化管の障害 手術なし 14人 5.1日 7.65日 0% 58.6歳  
060565xxxxx0xx 顎変形症 処置2なし 12人 5.2日 9.8日 0% 37.6歳
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり - - 6.76日 - -
030180xx97xxxx 口内炎,口腔疾患 手術あり - - 8.6日 - -

【解説】
 口腔外科で1番目に多いのはその他の消化管の障害手術(あり)です。
2番目はその他の消化管の障害手術(なし)です。
その他の消化管の障害に該当する傷病名は埋伏歯、顎骨の疾患、口腔部のう胞などとなっております。
3番目は顎変形症となっております。
4番目はその他の新生物手術あり(顎骨、口腔領域における)です。
5番目は口内炎,口腔疾患の手術ありとなっております。



初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード





初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 7 0 2 1 12 2 1 第7版
大腸癌 2 3 3 13 4 2 1 第7版
乳癌 0 2 0 0 3 0 1 第7版
肺癌 1 2 3 13 6 7 1 第7版
肝癌 2 0 0 0 0 0 1 第7版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

【定義】
 平成28年度(平成28年4月1日~平成29年3月31日)に当院を退院した患者さんで
複数回入院した患者さんも1症例として集計いたしました。
【解説】
 5大癌とは発症症例数が多いとされる癌の事をいいます。UICC(国際対がん連合)によって定められた原発巣(癌が最初に発生した病巣)の大きさと進展度(T)、所属リンパ節への転移状況(N)遠隔転移の有無(M)の要素によって各癌を0期~Ⅳのステージに分類した患者数となっております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード





患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 39人 8.1日 43.0歳
中等症 77人 14.2日 80.8歳
重症 3人 12.7日 89.3歳
超重症 - - -
不明 - - -

【定義】
 平成28年度(平成28年4月1日~平成29年3月31日)に当院を退院した患者さんで
入院のきっかけとなった傷病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支肺炎でさらにその中でもICD10コードがJ13~J18$で始まるものに限定して集計しております。重症度は成人市中肺炎診療ガイドラインのA-DROPを用いて分類しております。また重症度分類の各因子が一つでも不明な場合は不明と分類されます。
【解説】
 成人市中肺炎とは 普段の生活の中で罹患(病気になる)した肺炎のことです。
重症度、患者数、平均在院日数、平均年齢別に集計しております。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード





ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G450 椎骨脳底動脈循環不全 - 1人 5.0日 83.0歳 -
G459 一過性脳虚血発作 - 1人 3.0日 78.0歳 -
I633 血栓性脳梗塞 - 2人 15.5日 75.0歳 50%
I638 出血性脳梗塞 - 9人 46.8日 85.0歳 22%
I639 脳梗塞・急性期 - 7人 6.7日 81.6歳 29%

【定義】
 脳梗塞の病型別にICD10コードのG45$、G46$、I63$、I65$、I66$、I675、I679の患者数を集計いたしました。患者数が10人未満の傷病名の発症日からは省略しております。
【解説】
 脳梗塞の病型別に患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率別に集計しております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード


内科




Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 16人 0.0日 4.9日 0% 74.3歳  
K654 内視鏡的消化管止血術 15人 6.9日 12.1日 15% 71.2歳  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 15人 1.1日 1.3日 0% 76.5歳  
k664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 14人 20.4日 47.4日 0.2% 80.0歳
k6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う) 13人 1.1日 7.1日 0% 69.8歳

【定義】
平成28年度(平成28年4月1日~平成29年3月31日)に当院を退院した患者さんで
診療報酬算定点数表Kコード(手術)により患者数を集計いたしました。
輸血関連(K920$)、軽微な手術(創傷処理など)は集計より除外しております。
患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)で掲載しております。
【解説】
内科では内視鏡的手術が上位となっております。
1番目に多いのは内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術です。
2番目は同患者数で内視鏡的消化管止血術と内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)です。
4番目は胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術)です。
5番目に多いのは内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う)です。
外科




Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 49人 1.0日 2.5日 0% 70.1歳
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 17人 1.0日 5.2日 0% 57.4歳
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 16人 0.5日 3.8日 0% 41.4歳
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) - - - - -
K7182 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) - - - - -

【定義】
平成28年度(平成28年4月1日~平成29年3月31日)に当院を退院した患者さんで
診療報酬算定点数表Kコード(手術)により患者数を集計いたしました。
輸血関連(K920$)、軽微な手術(創傷処理など)は集計より除外しております。
患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)で掲載しております。
【解説】
外科で1番目に多いのは鼠径ヘルニア手術です。
2番目は胆嚢炎、胆石症等に対して行われる腹腔鏡下胆嚢摘出術です。
3番目は虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)です。
その他に結腸切除術(悪性腫瘍)や虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの)等を行っております。
整形外科



Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0462 骨折観血的手術(下腿)等 - - - - -
K0811 人工骨頭挿入術(股) - - - - -
K0732 関節内骨折観血的手術(足) - - - - -
K0463 骨折観血的手術(鎖骨)等 - - - - -
- - - - - - -

【定義】
平成28年度(平成28年4月1日~平成29年3月31日)に当院を退院した患者さんで
診療報酬算定点数表Kコード(手術)により患者数を集計いたしました。
輸血関連(K920$)、軽微な手術(創傷処理など)は集計より除外しております。
患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)で掲載しております。
【解説】
整形外科では骨折観血的手術、人工骨頭挿入術、関節内骨折観血的手術等を行っております。
皮膚科



Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - -
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - - - - -
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) - - - - -
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - - - - -
- - - - - - -

【定義】
平成28年度(平成28年4月1日~平成29年3月31日)に当院を退院した患者さんで
診療報酬算定点数表Kコード(手術)により患者数を集計いたしました。
輸血関連(K920$)、軽微な手術(創傷処理など)は集計より除外しております。
患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)で掲載しております。
【解説】
皮膚科では皮膚・皮下組織の疾患に対し皮膚、皮下腫瘍摘出術を行っております。
泌尿器科




Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 36人 2.3日 15.4日 0% 74.3歳
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 27人 2.7日 15.1日 0% 74.5歳
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 24人 1.7日 4.3日 0% 59.6歳
K783-3 経尿道的尿管ステント抜去術 24人 0.3日 1.2日 0% 60.0歳
K843 前立腺悪性腫瘍手術 19人 6.6日 22.2日 0% 68.4歳

【定義】
平成28年度(平成28年4月1日~平成29年3月31日)に当院を退院した患者さんで
診療報酬算定点数表Kコード(手術)により患者数を集計いたしました。
輸血関連(K920$)、軽微な手術(創傷処理など)は集計より除外しております。
患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)で掲載しております。 
【解説】
 泌尿器科では経尿道的(尿道から内視鏡を挿入)にて行われる手術が多く施行されております。
1番目に多いのは膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用)です。
2番目は経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用)です。
3番目は同患者数で経尿道的尿路結石除去術(レーザー)と経尿道的尿管ステント抜去術です。
5番目は前立腺悪性腫瘍手術です。
 
眼科



Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 307人 1.0日 1.1日 0% 77.3歳
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -
K282-2 後発白内障手術 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -

【定義】
平成28年度(平成28年4月1日~平成29年3月31日)に当院を退院した患者さんで
診療報酬算定点数表Kコード(手術)により患者数を集計いたしました。
輸血関連(K920$)、軽微な手術(創傷処理など)は集計より除外しております。
患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)で掲載しております。
【解説】
眼科で1番目に多いのは水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他)です。
年間307人施行し平均入院期間は片眼で3.1日間となっております。
その他に眼瞼下垂症手術や後発白内障手術等を行っております。
歯科口腔外科
 


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4361 顎骨腫瘍摘出術(長径3cm未満) 38人 1.0日 2.6日 0% 40.1歳
K4043 抜歯手術(臼歯) 25人 0日 1.5日 0% 76.9歳
K4362 顎骨腫瘍摘出術(長径3cm以上) 16人 1.0日 4.1日 0% 51.1歳
K4044 抜歯手術(埋伏歯) - - - - -
K437 下顎骨部分切除術 - - - - -

【定義】
平成28年度(平成28年4月1日~平成29年3月31日)に当院を退院した患者さんで
診療報酬算定点数表Kコード(手術)により患者数を集計いたしました。
輸血関連(K920$)、軽微な手術(創傷処理など)は集計より除外しております。
患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)で掲載しております。
【解説】
口腔外科で1番目に多いのは顎骨腫瘍摘出術(長径3cm未満)となっております。
2番目は抜歯手術(臼歯)です。
3番目は顎骨腫瘍摘出術(長径3cm以上)です。
4番目は抜歯手術(埋伏歯)です。
5番目は下顎骨部分切除術です。
顎骨腫瘍摘出術等、手術に応じ手術室にて全身麻酔で行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード




DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 3 0.16%
180010 敗血症 同一 2 0.11%
異なる 6 0.32%
180035 その他の真菌感染症 同一 2 0.11%
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 5 0.26%
異なる 1 0.05%

【定義】
平成28年度(平成28年4月1日~平成29年3月31日)に当院を退院した患者さんで
最も医療資源を投入した傷病名が播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症について患者数を集計し、全患者に対する発生率を算出しております。
【解説】
この指標は医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして、播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症を各疾患別に最も医療資源を投入した傷病名と入院契機となった傷病名の同一性の有無を区分して症例数、発生率を示したものです。
更新履歴
2017/09/29 公開


PageTop