病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
調達情報
よくあるご質問
個人情報保護方針
バリアフリー情報
情報公開
診療実績・病院指標

病院総合医育成プログラム

案内

当院では「経鼻内視鏡検査」を実施しています

これまで内視鏡検査は、内視鏡を口から挿入するため、挿入時の違和感により無意識に吐き気をもよおすことがありました。 当院では従来より細い内視鏡を用い、鼻腔(鼻の穴)から挿入することにより違和感も少なく、また内視鏡挿入のための麻酔もほとんど使用しないため、負担が少なくより楽にかつ安心に検査を受けられます。

経鼻内視鏡検査のメリット  
・鼻から内視鏡を挿入するため、咽頭反射が起こりにくくなり、嘔吐感を軽減できます。  
・鼻への麻酔も微量で、身体への負担が軽減されます。  
・検査の最中にしゃべることができるので、医師にその場で質問できるなど、安心かつ安全な検査を受けられます。  
経鼻内視鏡検査のデメリット  
・生検(組織検査)は可能ですが、処置や治療はできません。  
・画質が少し劣るため、萎縮性胃炎が高度の人では診断能力がやや劣ります。(萎縮の高度な人にはお勧めできません)  
・両側の鼻腔が狭い場合や、アレルギー性鼻炎のある場合は無理なことがあります。  
・数%の頻度で鼻出血を起こすことがあります。
PageTop